3月に「ジャーナリズムのお祭り」開催します!

3月12日に、『ジャーナリズム・イノベーション・アワード2016』を開催します!主催は、私も運営委員を務めている日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)。Facebookなどでもたくさん告知させてもらっているのですが、あらためてご紹介。

アワードは「ジャーナリズムの祭典」的なイベント。大手新聞社やテレビ局だけでなく、NPO、フリージャーナリスト、ライター、ネットメディアなどがジャーナリズム作品を持ち寄り、参加者の投票で賞を決める、という催しです。

応募作品は1月23日現在で25点。出展作品一覧を見ていただくと分かるのですが、とにかくいろーんな作品があります。会社とか肩書きとか全く関係ない、このフラットな感じが好きです。

スクリーンショット 2016-01-21 17.44.46

いろんな人に参加してもらいたくて、「この作品いいなぁ」と思ったらお会いしたことない人にもガンガンお声がけしているのですが、「自分のはジャーナリズムとは程遠いので…」という反応も多いです。でも、アワードに参加したら、きっと今までのイメージが変わると思います。

正直なところ私自身、記者をやっていた頃も「ジャーナリズム」とか「ジャーナリスト」っていう言葉を使うのがしっくりこなかったし、敷居が高い感じがしますよね。でもアワードに関わってみて、「ジャーナリズム」ってこんなに多様で、カオスでいいんだなーと思うようになりました。何も政治や経済の話題に限らないし、表現方法も記事や写真だけじゃない。例えば人と人を繋いだり、コミュニティーを形成するのも、ジャーナリズムの一つの役割だと思います。

自分が心を込めて作った作品について、直接説明できるのもアワードの魅力の一つです。どういう気持ちで制作したのか、どれぐらいの労力や時間をかけて完成したのか、一番伝えたいメッセージは何なのか… これまで参加した方の中には、「インターネット上では褒められてばかりだったけど、リアルの場では批判的な意見もたくさんあった。そこから作品をさらに高めることができた」という方もいました。ネットの反応が必ずしも全てではないと思うし、やっぱりリアルの交流って貴重だと思います。

今年はローカルメディアからの応募を多くいただいていて、こんなに色々あるんだ!とびっくり。私が住んでいる長野県から発信している面白いウェブサイトもいくつか見つけて、声をかけさせてもらってます。ぜひ、長野からも来て欲しい!

引き続き、特設サイトから作品の応募を受け付けています。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中