月別アーカイブ: 2016年12月

「ローカルジャーナリスト育成講座」で東北6県にお邪魔しました

11月に、日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)が主催している「東北ローカルジャーナリスト育成講座」の運営スタッフとして、東北6県にお邪魔してきました。3週間連続で毎週末、長野→東北へ。さすがに身体がもつか心配でしたが、新幹線は快適だし、東北はどこもご飯がおいしいし、素敵な方にもたくさんお会いすることができたし、長距離移動の疲れも吹っ飛びました。講座は、3つの異なるテーマで開催しました。

 

dsc07044

青森・岩手は『ウェブで伝わる文章の書き方』、秋田・山形は『地域の魅力を再発見するには』、そして宮城・福島は『取材で話を「聞き出す」力』がテーマでした。詳細レポートは各リンク先のブログ記事をご覧いただきたいのですが、それぞれの講師のメッセージとして共通していたのは、「日々の地道な訓練が鍵」というシンプルなものでした。プロとアマチュアを分けるのは、日々コツコツ学び、繰り返し見直し、その反省を元にもう一度試して反応を見る、ということができるかどうか。

こうすればすぐにうまくなる!という必勝法はないし、「◯日でスキルを上げる方法」というのもない。宮城・福島で講師を務めた鎌倉幸子さん(アカデミック・リソース・ガイド)も「毎日練習することが大切。逆に言うと、特別なことをする必要がある訳じゃないんですよね」とおっしゃっていました。

今回、いろんな形で情報発信に取り組んでいる方同士がつながる場所になったのも、運営としてはとても嬉しいことでした。「だれも情報発信の仕方は教えてくれないので、どうすればいいか分からなかった」「東北で、こんな風につながれる場所がもっと欲しい」という方がとても多かったです。正直、募集する前は「全然集まらなかったらどうしよう……」と心配でしたが、やっぱりそういう場への需要はあるのだなぁと。

今回は1日限りの講座でしたが、このプログラムは復興庁との連携事業です。現在は、より本格的に取材執筆スキルを学ぶ『東北ローカルジャーナリストキャンプ』の参加者を募集中です。詳しくはこちらのリンクもご覧ください。

 

 

広告