タグ別アーカイブ: misinformation

「フェイクニュース」という言葉はもうやめるべき?

2016年の米大統領選で話題になった「フェイク(偽)ニュース」という言葉。日本ではことしの「流行語大賞」トップテンにも入りましたが、欧米ではこの言葉を使うのはもうやめるべきではないかという議論があります。

kayla-velasquez-199343

Photo by Kayla Velasquez on Unsplash

米ファクトチェック団体First DraftのClaire Wardle氏らが欧州評議会(Council of Europe)向けにまとめた研究レポートでは、メディアや政治家が「フェイクニュース」という言葉を使うべきでない理由として以下の2つを挙げています。

1. 問題の複雑さを説明するには極めて不十分な定義
2. 世界中の政治家が、自分の気に入らない報道を行うメディアを呼ぶのに使っている。その結果、自由な報道を抑圧するメカニズムになっている

米トランプ大統領はCNNなどによる自身への批判的な報道に対し、「フェイクニュースだ」と攻撃を強めています。欧米に限らず、最近ではミャンマーの州役人が「ロヒンギャ(問題)なんていうのは存在しない。フェイクニュースだ」と発言したことも報じられました。

‘No Such Thing as Rohingya’: Myanmar Erases a History (The New York Times)

「複雑な現象をよりきちんと理解するため、定義についてもっとクリティカルに考えるべきだ」として、レポートはこの言葉に代わる3つの定義を提案しています。

  • Mis-information(ミス・インフォメーション):間違った情報だが、人をだます意図がない場合
  • Dis-information(ディス・インフォメーション):間違った情報が、人に害を与える目的で流されている場合
  • Mal-informaion(マル・インフォメーション):正しい情報が、人に害を与える目的で流されている場合。例えば、個人情報が公の場にさらされるなど

日本でも「フェイクニュース」という言葉がそのまま使われていますが、海外の記事や論文を見ていると、Misinformation, Disinformationの使用も主流になりつつあるようです。

・この研究レポートの概要が短くまとめられた英語記事はこちら
・Mis[Dis]informationの種類については、Wardle氏がこちらの記事で7つの分類を紹介しています

広告